キャロウェイから2022年3月18日に発売されたROGUE ST(ローグST)シリーズ。
2018年に発売された初代ROGUEに継ぐ、2代目のシリーズです。

「ROGUE ST MAX LS」は、プロ・上級者向けのモデルとなっています。

ネックにはロフト角、ライ角を調整できるアジャスタブルホーゼル(いわゆるカチャカチャ)が搭載されています。

ニュートラルバイアスで他のモデルよりも低重心に設計されているので、低スピンの強い弾道を打つことができます。

avatar
わたゆー
本記事ではクラブの特徴、口コミ・評判、セール情報をまとめています。
ぜひ最後までご覧いただき、クラブ選びの参考にしてください!
¥79,799 (2023/05/28 17:56時点 | 楽天市場調べ)
スポンサーリンク

特徴

Advanced Dynamic Face Control

AIにスピン量、打ち出し角、ボールスピードをすべて入力し直し、新たなアルゴリズムで設計されています。「飛びの三要素」すべてを最適化し、飛びが進化しています。

第2世代のJAILBREAK AIスピードフレーム

EPICシリーズで採用されていたJAILBREAK AIスピードフレームの改良型。
ヘッドの上下左右の余分なたわみを軽減することで、フェースにエネルギーを集中し、ボールスピードをアップしています。

タングステンスピードカートリッジ

約11gのウェイトをヘッド後方部へ装着。オフセンターヒット時のボールスピードを高めると同時に、慣性モーメントを高め、インパクトの安定性を向上しています。

口コミ・評判

ポジティブ意見

・寛容性があり、打感が良い
・ロースピンで力強い球が打てる
・ROGUEシリーズの中でも一番構えやすい

ネガティブ意見

・ヘッドスピードは45m/s以上ないと厳しい

プロ、上級者向けのモデルということもあり、ヘッドスピードがないと扱いきれないということでした。

ヘッドスピード45m/s以上あるゴルファーは、ロースピンのストレートからややドロー気味の力強い球が打つことができるようです。

スペック

ヘッド

HEAD ROGUE ST MAX LS
ヘッド素材 / フェース素材 8-1-1 チタンボディ+トライアクシャル・カーボンクラウン & ソール+タングステン・スピードカートリッジ約11g / 鍛造 FS2S チタン FLASHフェースSS22
ロフト角(°) 9 10.5
ライ角(°) 57.0
ヘッド面積(㎤<㏄>) 455
長さ (インチ) TENSEI 55 for Callaway 45.5
Tour AD UB-6
SPEEDER NX 60
Diamana PD 60

シャフト

SHAFT フレックス クラブ重量 (g) シャフト重量 (g) トルク (°) バランス キックポイント
TENSEI 55 for Callaway S 約308 約55 4.3 D4.0
SR 約307 約54 4.4
Tour AD UB-6 S 約319 約65 3.2 D3.0
SPEEDER NX 60 S 約318 約63.5 3.7
Diamana PD 60 S 約317 約64.5 3.3 中元

クラブをさがす

ECモールでさがす

¥79,799 (2023/05/28 17:56時点 | 楽天市場調べ)

ゴルフ専門店でさがす

セール情報

情報収集中